森のようちえんピッコロ   スタッフと保護者の    ブログ


by mugihause

入園準備説明会

今日は、来年度の入園準備説明会がありました。


お母さんたちはハウスの中、新たな1年に向けて
ワクワクどきどきしながら説明を聞き入っていました。

子供たちは、外で元気に遊んでいます。


すごいなあと感じたのは、時々子供たちが
ハウスに入ってくることがあるのですが、
大きな声を出して何かを訴えるわけでもなく
ささ~っと入ってきてささ~っと去っていくこと。

新しい顔ぶれを見かけていつもと違う雰囲気を察知したのかな。
大切なお話の最中というのを心得ている様子。
(ミーティングの時にはお腹がすいたりしちゃうもんね)


親だから自分が子を「育てて」いるつもりだけれど、
ピッコロの存在には、私自身が「育てられて」います。
この子達に何度ハートを射止められたことか。
そして先生方やお母さん方の言葉はいつも深くて優しい。


ピッコロのわくわくがまた増えそうな予感がした今日でした。


保護者:オガワ
[PR]
# by mugihause | 2011-02-09 23:40 | ピッコロ保護者日誌

最近思う事

ピッコロには子供達がいて、久美子先生がいて、保育スタッフがいて、保護者がいて、全てがもの凄い「人材」だなぁ〜と思います
子供達が1人、1人、が育ち合っています、1人欠けてしまう事はな〜んか寂しい、、、自分一人で育ってる訳でもなく、久美子先生があって勿論育つのだけど、それだけでもなく、子供達1人、1人が保育スタッフで大きな役割を背負っている気がしてきました、それぞれの個性に子供達が育てられていて、もうすぐ卒園のパイナップル組さんの事を思うと、あぁ〜〜〜もっといて欲しい!って思ってしまう、辞めてしまう子供達を思うとあぁ〜〜〜もっと!って思ってしまう、ピッコロにとって大きな損失!と思ってしまう、だって本当にみんな凄いのです!!!!

事情で辞めてしまう子も、小学生になる子も仕方ないのですけど、、、、、、
新たな出発をお祝い!!なんですけど、、、、
1人,1人の存在の大きさを感じます
居なくなる事の寂しさもあります、その子が知らず知らずのうちに担っていた役割もある気がします
そこにポコって穴が空いてしまうのかな?寂しい、、、
でも、、、そうか、、、その子達が残してくれた事があるのか
それを大切にする事か、、、

こんなマジメな事を考えているはずなのに、急に!!変な事思い付いてしまいました!
ピッコロの子供達を保育士として、派遣したら凄い〜〜〜!良い保育してくれる気がします
保育士人材派遣会社ピッコロ!
社長は久美子先生
マネージメント料は保護者へ、、、とか、、、(冗談ですが/笑)
私みたいな新米スタッフは子供に学ぶ日々です
講習料お支払いしないといけないのでは!?
なんて、、、すいません、不謹慎でした、、、

あ〜〜〜〜お別れもあるのが人生で又出会いもあるのも人生
可愛くて、スンゴイ!ごとも達に出会えた事に感謝です。
スタッフ/タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-02-01 23:23 | ピッコロスタッフ日誌

雪中運動会

雪中運動会が終わりました(事後報告〜〜!?/笑)
運動会前に、雪中運動会に向けて頑張りました!今、こんな事やってますとか、、、報告出来る事は無く、、、
何故なら、運動会に向けて練習は無く、、、唯一、前日に1回やってみただけ、と言う、、、こんな幼稚園ある??
だけど、当日できちゃう!!!できちゃう!!
とっても楽しい運動会となりました!!
な〜んで出来てしまうのか?不思議ですが、去年もできちゃったんですよね〜
ピッコロの自慢ですね!これは!
説明したいけど、できないなぁ〜(勿体ぶったりして/笑)
でも、実際、説明が難しい、、、「子供の力」だと、久美子先生は言ってます

練習がなくても出来るんですよね、
子供がクタクタになって、笑顔が消え、、「保育園行きたくない」って言うまで練習なんてする必要ない様な気がします
大切なのは、右手が同じ様に上に上がる事ではない気がします
ピッコロの運動会見てると本当にそんな気持ちになるのです
ピッコロの運動会は子供のやる気と、子供の力で、そして保護者の協力、保護者も楽しんでいる!
とにかく、私の保育園、学校生活でも、娘や息子の保育園生活でも、こんな運動会見た事ない!
パン食い競争のパン!美味しかった〜〜〜。
スタッフ/タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-02-01 22:27 | ピッコロスタッフ日誌

転がるころがる 2

先日、坂道を転がっていた子ども達
またまた後日、転がっていたので、どうなんだろう?と思い
先生も私も転がってみた
「きゃーっ!」
転がることで精一杯
顔に土がたくさんかかるし、口に入るし、目に入るし
とてもじゃないけど、落ちている枝や木を見ることなんて出来ない
しかも
子ども達とは転がるスピードも違う
なんで、あれだけのスピードがでて止まったり、枝を手で払いよけたり、向きをかえたりできるんだろう?
だれも何も言ってないのに

やってみて
どれだけ子ども達がすごいかと言うことがわかった

まなみ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-29 23:13 | ピッコロスタッフ日誌
今日、帰る時、駐車場に行きました
駐車場には大きな岩があります、
その下で、腰に両腕を当て
『そう!がんばれっ!そう!がんばれ!そうっ!そうっ!』と言うGちゃん(6才)
またまた、腰に手なんて当ててもう〜偉そうに〜何やってんの???覗き込むと、
そこにはZちゃん!!!!!岩登りに挑戦しています!!全身の力を振り絞り、顔を真っ赤にして、岩を登っていきます、
それを下から「よしよし、頑張れ!」と見守っていたのが、Gちゃん(6才)それは、アニキの姿でした、アニキに見守られ、Zちゃんはずり落ちそうになりながらも、登ろうとします
まだ,上手く登れません、、、
アニキはこの大きな岩に余裕で登れるのです、アニキ!本当にカッコイイです!小さい子がアニキに憧れて、そして、小さい子にちゃんと教えてやれるアニキ!
本気で、登ってみようとしてるZちゃん(3才)こんなにマジなZちゃんの顔を私は見た事ありません、一瞬息をふっと飲み込みました、
Zちゃんのあの顔が今も頭の中を周ります、かっこ良かったと簡単に方付けてはいけない気がする、凄い、気迫に包まれていました
カッコイイ★アニキと、カッコイイ!Zちゃんの空間には、私は入れませんでした
アニキは私を見て一瞬ニヤッとしましたが、それだけ、、、
アニキは4月で小学生になる、アニキが居なくなる日を小さい子達はどんなふうに思うのかな?
二人共凄くかっこ良かった!好きになりそう、、、
スタッフ/タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-26 23:38 | ピッコロスタッフ日誌