森のようちえんピッコロ   スタッフと保護者の    ブログ


by mugihause
Zちゃん(3さい)は、週1回から、毎日くるようになってまだ数ヶ月の男の子です
少し前までは泣いていましたが、自分で「泣くのを辞める」と決めて
もう泣きません
森から降りてくる時、凄い坂を「ドドド〜〜〜〜〜」と走ってきては「シュ〜ッ」とスライディングしてます、森の下の方から見てると凄い迫力です、凄い良い顔をして、大満足の顔をして降りてきます
私は凄いな〜といつも思っています
今日は更に凄くて(笑)
お弁当を食べる時、リュックを食べる場所に持って行きたかったお友達が、
リュックが重くてリュックを掛けているフックから外せないと言って来ました
ちょうど、近くにZちゃんがいたので
私)『Zちゃん、お友達がリュック外せないって言ってる、どうしよう??』と聞いてみた
すると!Zちゃんは、イヤな顔せず、オレに任せろ!って感じでリュックを取ってくれて、そのまま困っていたお友達に渡すかと思いきや、、、
お弁当を食べる場所まで運んであげていた!!(結構、離れた距離なんですよ)
私も、そのお友達もビックリで
私)『Zちゃんすご〜〜〜い!ありがとう!助かった!』と言うと、
今度は自分のお弁当を取りに走って行きます、
その途中に大きな石(大人なら持ち上げられるけど重い〜〜石です)がありそれを何故か、Zちゃんは、必死で動かして私をチラッと見ます(笑)
(重いからなかなか動きません、それを動かしたのです!)
私も、最初!???(なぜ??訳が分かりません!???笑)
私)『すご〜〜〜い!!!』と言いました
Zちゃんは又走り自分の弁当を取りに行って又、こちらに来る時ついでに今度は石をもの凄い!頑張って裏返しました!???(笑)裏返しですよ!!!
私)『すご〜〜〜い!』
彼は無言でお弁当を食べる場所に行きました(無言、、、!??笑)
男子!Zちゃん(3才)もの凄く面白かったです、可愛かったです!
何故????重い石を動かしたのかは、分かりません(笑)
二回目は裏返しましたからね!(笑)
推測ですが、、、
『オレ!凄い!見て!見て!』って事だったかな?可愛いです!本当に!!
Zちゃんの色々がこれからもっと知れると思うとワクワクしてきます!!
まだ、私もお手伝いをして数ヶ月なので、こんなふうにお互い知り合えて、分かり合える感じになっていく事って凄く新鮮で嬉しい事です!!
「素」の部分を見てしまった時、相手にたいしてもの凄く親近感が湧いてきます
もの凄く嬉しい気持ちです。
ありがとうございます!Zちゃん。
スタッフ/タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-15 00:07 | ピッコロスタッフ日誌

森で相撲!?

今日はMちゃんのお誕生日会、特別の日ですMちゃんの行きたい場所に行きますMちゃんは『森』をリクエスト森へ行ってきました。
森を歩きました、上まで行った時、ニコニコとY君(5才さん)がやって来て
Y君(5才)『ね〜相撲しようよ〜〜〜』そこにGちゃん(6才さん)も加わり二人が「相撲!相撲!」と言うので、
私は森で相撲って斜面は避けたほうがいいし、ある程度広くて、、、など考え
私)『こっちだよ〜〜〜ここでしよう〜!』と移動してみたが、、、やっぱり相撲には適さない場所で危なそうなので
私)『やっぱりこっちがいいかな?』とあっちこっちと移動していると
Y君(5才)『ね〜どこでもいいよ〜どこでも出来るから〜』と言って、松のトゲトゲを持って来た
私)『???えっ!?そうゆう事なの』(笑)
私は森で朝青龍なみの相撲をとるのかと思っていました(笑)
Y君(5才)とGちゃん(6才)がしたかった事は、松のトゲトゲとトゲトゲで引っ張り合う相撲の事でした(笑)
な〜んだ!ではでは!『やろうぜ〜〜〜』と張り切って遊んでいるとそこに,女子のMMちゃん(5才)が加わり、S君(3才)が加わり、5人で『ハッケヨ〜〜〜〜イ!!!ノコッタ!!!』と松のトゲトゲ相撲で盛り上がりました(地味、、、/笑!)
S君(3才)と私は実話まだあんまり仲良くありません、そんなS君(3才)とも何度も対戦しました
そして「勝った!負けた!」と言いながらもの凄く楽しかったのですが、
その時のS君の笑顔がキラッと輝いて見えました、その笑顔と一緒に笑い合えた私はS君(3才)との距離がグッと近くになった気がして「ヤッタ〜!」と心の中で嬉しく思いました、
抱きしめたくなるような笑顔で、抱きしめたくなるような気持ちになりました、可愛かったですS君、嬉しかったです!私。
スタッフ/タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-14 23:27 | ピッコロスタッフ日誌

神様

今日は、子供達との約束通り、川の神様に新年のご挨拶に行ってきました。
川は凍ってました、氷を割りながら川へ入って大喜びの子供達でした
久々のピッコロで朝、お母さんと離れるのが寂しくて泣いちゃったNちゃんも、川の氷には興味津々、棒を持ってつついたり、足で踏んだり、不思議そうにしていました、もう、全然泣いていません!

川から帰り、お弁当を食べているとトマト組(2才さん)のHちゃんが、『見て〜〜〜あけるよ〜』と得意そうにデザートのお弁当のフタを開けていました、なかなか開かないフタは勢い余って突然パアーンと開いて、リンゴがバラバラっと出てきてしまいました、リンゴは泥だらけ、、、
私)『あ〜どうしよう、、、、』とHちゃんと拾っていると
5才になったばかりのMMちゃん『どうしたんですか〜なにかありましたか〜?』
どこで見ていたのかサ〜っと現れ、Hちゃんの泥だらけのリンゴを洗ってくれました
その現れ方がなんだか、ビックリで、、、
音もたてずに、、、気配も無く、、、「現れた」と言う表現がピッタリだと私は思いました
まるで、神様のように現れたのです、神様が現れた時を私は見た事ありません、でも、きっとMMちゃんが現れたように、こんなふうに神様はやって来て下さるような気がしました、
いつも、何処かで必ず見ていて下さってるような気がしました。
森の神様、川の神様、今年もどうぞ見守っていて下さい
宜しくお願いします。
タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-13 19:14 | ピッコロスタッフ日誌

大変な事

a0192628_732793.jpg

子供達)『たいへ〜〜〜ん!きて〜〜〜〜たいへ〜〜〜〜ん!きて〜!!!』
何がそんなに大変なの????
行ってみると
デカ!氷!
分厚いのです!!!
自然の冷凍庫の力はおそるべしです
子供達は大発見したように(イヤイヤ!大発見なんですけど/笑)
恐竜の骨でも出てきたかのように
大騒ぎしていました(笑)
氷が凍っているだけでこんなに
キラキラの目で大騒ぎできる子供達
子供の心は凄いのです
そして子供が『凄い!!!!』と騒いでいると、なんだか、本当に凄い事のように私も思えてくるのです、子供のキレイな心に引っ張られるのです、そんな時、私のイケテナイ、、、大人心が、子供達によってキレイにシュルル〜♪と掃除というか、塗り替えられる感じがします、今日も子供達の御陰さまです。ありがとう。
タカダアイコ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-13 05:59 | ピッコロスタッフ日誌

新年のご挨拶

今日は森の神様にお供えと、お酒を持って新年のご挨拶に行ってきました。
子供達は『川の神様の所にも行かないといけない』と、言います、大人は「川の神様」の事、、、思い付いていませんでした、子供達は、森にも行くけど、川にも遊びに行っています、ちゃんと自分達がお世話になっている場所の神様の所にご挨拶に行かなければいけないって気持ちがあるんですね〜
久美子先生『今日は行けないけど(今日は午後から避難訓練)明日、行こうね!』と子供達と約束しました。久美子先生は、子供達の思いを大切にしてくれています。
子供達『いつも森でうるさくしてごめんなさい、いつも遊ばせてくれてありがとう』と、森の神様に手を合わせていました。(誰も、教えていない子供達の心から出た言葉です)
タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-12 07:46 | ピッコロスタッフ日誌