森のようちえんピッコロ   スタッフと保護者の    ブログ


by mugihause
今日のピッコロは、年長パインさんと、年中うさぎ&年少おばけさんの2クラス。年中年少さんは川で活動することに。
まだ少し寒いけれど、木々の隙間から春の日差しがこぼれ落ちてきて。それぞれたっぷり遊びました。
こちらでは、氷鬼!がはじまりました。タンマ場(木に抱きつくとタンマになる)が多すぎて (笑)鬼はなかなか大変です。鬼決めジャンケンでジャンケンするも、なぜか保育スタッフのゆみこちゃんが鬼になる...。静かに暑い、と呟きながら、子どもたちを真剣に追いかけるゆみこちゃん(青色の人です)。
a0192628_23025752.jpg
こちらでは、魚が大漁に釣れたようです。鮭にサメも! 葉っぱ一枚、枝一本から広がる想像力は無限大。
a0192628_23082247.jpg
そろそろお昼。子どもたちの腹時計は正解です。ピッコロでは、大人から帰る時間だから帰りましょう、とはなりません。帰りたいなぁと誰かが言えば、まだ遊びたい!という子もいたり。そんな時はどうする? 子どもたちで考えます。大人(保育者)は、本当に短く声かけをするだけ。さて今日は、なんとなくみんなの帰ろうか、帰りたいのタイミングがあったようです。うさぎさんとおばけさんが「みんな、かえるよ」と声かけするも、ん? 声がちいさくてみんなに届きません。そこにかけよってきたのは年中のたっくん。すると年中のみーちゃんから、おおきな声が出ました。「みんな〜〜、かえるよ〜!」年少さんも一緒に。おおきな声が通った後のふたりの笑顔、素敵でした。
帰る時の声かけ、いつも年長さんが率先してやっているものね。もうすぐみんなも進級。新おばけさんを頼んだよ!
一日園長、年長児保護者 瀧澤
a0192628_23172797.jpg

[PR]
# by mugihause | 2017-03-07 22:56 | ピッコロ保護者日誌
いよいよ、卒園が近づいてきました。
子どもも大人も、毎日何かとばたばたです、、、忙しいっ!
          うさぎ(年中組)もおばけ(年少組)も、気持ちの準備が進んでいるようです。
a0192628_15260571.jpg

a0192628_15270081.jpg

写真はうさぎとおばけの子どもたちだけでお昼前のお祈りをしている様子です。
パイン(年長組)がいなくても、がんばろうとしている様子が伝わってきます。

年中組保護者 吉田







[PR]
# by mugihause | 2017-03-02 15:44 | ピッコロ保護者日誌

抱っこが好きな理由


a0192628_17471012.jpg


5歳になっても「抱っこさして~」と両手を広げてやってくる、ダッコスキーあっくん(年中児)。

抱っこしながら聞いてみました。

「なんで抱っこが好きなの?」
「きれいに優しさが落ちて おなかの中がピカッと光るんだよ」

(詩人みたいな表現をするな~)
(…あれ?もしかしてこれ、ただ事実を述べているだけ?)

「あっくんのおなかのどこが光るの?」
「ここ~」(胸骨の辺りを指す)
「何色に光るの?」
「金色~」

(具体的だし事実なのかも。私には見えないだけで)

「ママのおなかの中も光っているの?」
「光っているよ~。紫色だよ~」

(紫色か~。私の内面って『どくのぬま』っぽいのか~)
※紫色が好きな方、ごめんなさい!私の個人的イメージです!

「あ、今、ママのおなか、薄いピンク色だよ~」
「ほんと?(嬉しい!)あっくんは今、何色なの?」
「黄緑色だよ~」

(あっくん、私の毒を中和してくれたのかも?)

皆さんもお子さんに『抱っこが好きな理由』を聞いてみてくださいね!
面白い答えが返ってくるかも?

a0192628_17473217.jpg

(しかし、抱っこ出来るのって、いつまでなんだろう…?)

年中組保護者 広報係 オギノチエ

[PR]
# by mugihause | 2017-02-26 05:50 | ピッコロ保護者日誌
a0192628_13064926.jpg
森からの帰り道、みんなの水筒を持つあっくん。
走って帰る人は危険回避のため、誰かに水筒を持ってもらいます。
これまでそんなにたくさんの水筒を持ったことのないあっくん。

この日はなぜか、たくさんの子がわーっとあっくんに。

a0192628_13062606.jpg
神さまの石を通り過ぎ、みんなが駆け下りて森をあとにしました。

園庭までなかなか帰ってこないあっくん。たっくん。
一日園長の母・麻衣子ちゃん。


a0192628_13070507.jpg
スタッフの由美子さんとしばらく森を眺めていると、
やっと帰ってきました。

a0192628_13072311.jpg
森で何かあったかな。
水筒重かったかな。

やっと会えましたー!
a0192628_13073853.jpg
あっくん、最後まで持って帰ってきた!
頑張るスイッチ入ったあっくん、かっこよかった!!

ここからは、一日園長が出した保護者あてのメールを
ご紹介します。

☆☆☆

必要なことが起きてくる、という原則を信じた上で、ある状態を守るということ、

様性の中で生きるということ、真のコミュニティとは
まとまらない考えが頭を巡ります。 

森の「ジャングルジム」まで行きました。レストランごっこをしたり、

雪玉キャンディを作ったり、楽しくて、なかなか帰ろうと言い出さないこどもたち。

帰りになんとあっくんが水筒を5個持って歩いていました。

みんな走り降りていったあと、重さでよろけ、転んで泣き出すあっくん。

たっくんが気付いて走りより、

「大丈夫?疲れたね。」と声をかける姿に泣きそうになりました。

たっくんが少し持ってあげようとするけれど

紐が絡み合い、苦戦。

それでも二人とも側にいる私に頼ろうとしません。

そこへなぜかわざわざ戻ってきて、「これも持ってきてー」と

さらに水筒を置いていくおーたろう()

それでも一言も文句を言わない二人。
なんだろう、すごすぎる。

貴重な1日をありがとうございました。
三澤麻衣子 

☆☆☆

年長さんの待ちなれてる様子、

年中さんの頑張るスイッチ、年少さんの朗らかさ、

3つの学年それぞれの良さが醸し出す空気感、すごいのです。


一日園長・年中保護者 三澤 & 年長保護者 小川 





[PR]
# by mugihause | 2017-02-22 13:46 | ピッコロ保護者日誌

心の見方

先日のうさぎ(年中)組さーちゃんがみんなの前でお話ができないことのつづき。

ついに、帰りの会で発表できたさーちゃん!

なんで言えたのか家で聞いてみた。
「あのね、ここ」
自分のお腹のあたりを指しながら、
「勇気ボタン、押せたの。さーちゃん手が届いたんだよ、大きくなったから」
真面目に、どこか神妙な顔でおしえてくれた。
「さーちゃん、がんばらなかったんだねー」
と言うと、
「うーんとー、考えたら、ちょっと違った」
「がんばらないじゃなかったの?」
「がんばり過ぎるとだめだけど、全然がんばらないでもできなくて、中くらいがんばるだった!」
キラキラした目で、表情は晴れ晴れしていた。
散々自分の心と向き合ってきたんだろうなぁ。
子どもは少ないボキャブラリーで話してくれるので、うっかり適当に聞いてると逃してしまう。。。
「あしたもその次もさーちゃん言うよ!パインさんたち、喜ぶだろうなぁ」
みんなが、自分のニュースを聞きたがっていることを信じきっているこの満々の気持ち。

あ〜幸せそう。

a0192628_18160033.jpg

年中児保護者 吉田みーこ





[PR]
# by mugihause | 2017-02-21 18:47 | ピッコロ保護者日誌