森のようちえんピッコロ   スタッフと保護者の    ブログ


by mugihause
ピッコロに新しいお友達がやって来た
MMちゃん(5才)のママが連れて来てくれた、MMちゃんにどこか似ている
名前もなくて、だけど、大きな黄色い顔をしている(見た事もない大きな!大きな!ミカンです)
それが一体なんなのか?カボチャなのか、ミカンなのか??
子供達も『?????』顔があっても、顔の中身が無い、子供達は目を描いて、口を描いて(笑)
Mちゃん(5才)が「お友達のミカちゃんなの!」(名前まで付けちゃった!)と抱っこして朝の会が始まるのです(笑)
朝の会が終わる頃、先生が『今日はミカちゃんにお留守番をしてもらって、川に行きます』と言うと
子供達)『ミカちゃんも連れて行こう!』
子供達)『でも、、帽子が無い』(ピッコロでは安全の為に必ず帽子をかぶって森や川に行きます)
Gちゃん(6才)『あ!!!オレの帽子2つあるあら貸してあげる』
と、言う事で、、、ミカちゃんは帽子をかぶって安全に子供達と川へ行きます
その、,途中、、、、「みかちゃんってなんなのかな?」「美味しいのかな?」「あ!オヘソがあるからミカちゃんはミカンだよ!」って子供達がワサワサ話し始め、まだ出発したばかりなのに
Mちゃん(5才)『そうだ!たべちゃおう!!!』
子供達)『でも、、お友達だよ!』
Mちゃん(5才)『そうか、、お友達だからダメか、、、でも!たべちゃおう!!!!』
レッツゴ〜〜〜〜!イエ~〜〜イ!!みたいな気持ちが子供達の周りをグルグル回っていた感じ、もう誰も止められない、、、
「お友達たべちゃおう!」
先生)『そうだ!食べちゃおう!食べちゃおう!いいね!いいね!』
子供の気持ちを止めない先生、、、
結局、ミカちゃんをその場で食べる事に、まだ、目的の川に付いていない、まだ出発したばかりなのに、、、変な場所なんですピッコロって、
でも、「変」な場所が子供は大好きっていうか、子供にとっては普通なのかなぁ???
大人の常識の世界より子供の常識の世界でここの子供達は生きている、生かしてもらっているそんな場所を久美子先生が作ってくれている
子供達は伸び伸び生きている、伸び伸び生きるって凄く気持ちがいいと思う
自分が伸びれるとこまで伸びて伸びて、誰も止める事はなく何処まで伸びるも、今日はここで辞めとくわぁも、自分で決めて、そして自分で又伸びる、
誰も「辞めておきなさい」と言わない「見守る」だけの場所、ピッコロさんです。
結局お友達のミカちゃんは、みんなで美味しく頂きました
ミカちゃん来てくれて有り難う!
スタッフ/タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-19 07:47 | ピッコロスタッフ日誌

お弁当の時間

H君(3才)K君(3才)が私に「一緒にお弁当たべよう」と言ってくれました
有り難い話しなので「食べよう!食べよう!」と食べたのですが、、、
「シ〜〜〜ン」としています何か話しした方がいいかな?と思いましたが
私)『お弁当美味しそうだね〜』とか、、ありきたりの言葉しか思いつかず、、、そんなに会話に広がりも無く、、、「シ〜〜〜ン」と食べました(笑)
私と食べて、つまんない!と思われたくないと言うか、、、
大人ってアサマシイです、、、大人って言うと世の大人の方々に申し訳ないですね、私ってアサマシイです、、、(恥/笑)
でも、一緒に並んで食べただけで良かった、それがなんか楽しい気がしたのです
盛り上がる必要は無い訳で、、、(笑)ただ、傍にいて食べる、なんて幸せなんでしょう〜

で!私の前にAさん(4才さん)が座っていまして、いきなり
Aさん)『これな〜〜〜んだ?』と指にみかんを刺して私に見せるので
私)『みかん!』
Aさん)『一つあげる〜』と言って私の膝に乗ってきたので
私)『ありがと〜〜〜〜おいし〜〜〜』と頂きました
すると、私の膝の上のAさんが「ララララ〜〜〜〜♪』歌い出します何故か目も閉じてます
私の手を取り『ラララ〜〜〜〜♪』ユラユラダンスし始めます!???
私も何が起こったのか???でも、とにかく一緒に歌い踊ります
Aさん)『このミカンを食べるとお姫様気分になるの〜♪』
私)『ほんとだ〜〜〜〜〜!!!!』歌い踊ります
急にだから本当にビックリしますよね〜〜〜(笑)
ついて行くのにも必死です(笑)
でも、、ミカンの味を感じてお姫様にまでなれるなんて凄い事だと私は思いました
魔法のミカンです!!
Aさんの感じる心がスッゴイ!なぁ〜〜〜〜
お弁当の時間はいつも、本当に幸せな時間です
ありがとうございます、子供達。
スタッフ/タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-15 00:40 | ピッコロスタッフ日誌
Zちゃん(3さい)は、週1回から、毎日くるようになってまだ数ヶ月の男の子です
少し前までは泣いていましたが、自分で「泣くのを辞める」と決めて
もう泣きません
森から降りてくる時、凄い坂を「ドドド〜〜〜〜〜」と走ってきては「シュ〜ッ」とスライディングしてます、森の下の方から見てると凄い迫力です、凄い良い顔をして、大満足の顔をして降りてきます
私は凄いな〜といつも思っています
今日は更に凄くて(笑)
お弁当を食べる時、リュックを食べる場所に持って行きたかったお友達が、
リュックが重くてリュックを掛けているフックから外せないと言って来ました
ちょうど、近くにZちゃんがいたので
私)『Zちゃん、お友達がリュック外せないって言ってる、どうしよう??』と聞いてみた
すると!Zちゃんは、イヤな顔せず、オレに任せろ!って感じでリュックを取ってくれて、そのまま困っていたお友達に渡すかと思いきや、、、
お弁当を食べる場所まで運んであげていた!!(結構、離れた距離なんですよ)
私も、そのお友達もビックリで
私)『Zちゃんすご〜〜〜い!ありがとう!助かった!』と言うと、
今度は自分のお弁当を取りに走って行きます、
その途中に大きな石(大人なら持ち上げられるけど重い〜〜石です)がありそれを何故か、Zちゃんは、必死で動かして私をチラッと見ます(笑)
(重いからなかなか動きません、それを動かしたのです!)
私も、最初!???(なぜ??訳が分かりません!???笑)
私)『すご〜〜〜い!!!』と言いました
Zちゃんは又走り自分の弁当を取りに行って又、こちらに来る時ついでに今度は石をもの凄い!頑張って裏返しました!???(笑)裏返しですよ!!!
私)『すご〜〜〜い!』
彼は無言でお弁当を食べる場所に行きました(無言、、、!??笑)
男子!Zちゃん(3才)もの凄く面白かったです、可愛かったです!
何故????重い石を動かしたのかは、分かりません(笑)
二回目は裏返しましたからね!(笑)
推測ですが、、、
『オレ!凄い!見て!見て!』って事だったかな?可愛いです!本当に!!
Zちゃんの色々がこれからもっと知れると思うとワクワクしてきます!!
まだ、私もお手伝いをして数ヶ月なので、こんなふうにお互い知り合えて、分かり合える感じになっていく事って凄く新鮮で嬉しい事です!!
「素」の部分を見てしまった時、相手にたいしてもの凄く親近感が湧いてきます
もの凄く嬉しい気持ちです。
ありがとうございます!Zちゃん。
スタッフ/タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-15 00:07 | ピッコロスタッフ日誌

森で相撲!?

今日はMちゃんのお誕生日会、特別の日ですMちゃんの行きたい場所に行きますMちゃんは『森』をリクエスト森へ行ってきました。
森を歩きました、上まで行った時、ニコニコとY君(5才さん)がやって来て
Y君(5才)『ね〜相撲しようよ〜〜〜』そこにGちゃん(6才さん)も加わり二人が「相撲!相撲!」と言うので、
私は森で相撲って斜面は避けたほうがいいし、ある程度広くて、、、など考え
私)『こっちだよ〜〜〜ここでしよう〜!』と移動してみたが、、、やっぱり相撲には適さない場所で危なそうなので
私)『やっぱりこっちがいいかな?』とあっちこっちと移動していると
Y君(5才)『ね〜どこでもいいよ〜どこでも出来るから〜』と言って、松のトゲトゲを持って来た
私)『???えっ!?そうゆう事なの』(笑)
私は森で朝青龍なみの相撲をとるのかと思っていました(笑)
Y君(5才)とGちゃん(6才)がしたかった事は、松のトゲトゲとトゲトゲで引っ張り合う相撲の事でした(笑)
な〜んだ!ではでは!『やろうぜ〜〜〜』と張り切って遊んでいるとそこに,女子のMMちゃん(5才)が加わり、S君(3才)が加わり、5人で『ハッケヨ〜〜〜〜イ!!!ノコッタ!!!』と松のトゲトゲ相撲で盛り上がりました(地味、、、/笑!)
S君(3才)と私は実話まだあんまり仲良くありません、そんなS君(3才)とも何度も対戦しました
そして「勝った!負けた!」と言いながらもの凄く楽しかったのですが、
その時のS君の笑顔がキラッと輝いて見えました、その笑顔と一緒に笑い合えた私はS君(3才)との距離がグッと近くになった気がして「ヤッタ〜!」と心の中で嬉しく思いました、
抱きしめたくなるような笑顔で、抱きしめたくなるような気持ちになりました、可愛かったですS君、嬉しかったです!私。
スタッフ/タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-14 23:27 | ピッコロスタッフ日誌

神様

今日は、子供達との約束通り、川の神様に新年のご挨拶に行ってきました。
川は凍ってました、氷を割りながら川へ入って大喜びの子供達でした
久々のピッコロで朝、お母さんと離れるのが寂しくて泣いちゃったNちゃんも、川の氷には興味津々、棒を持ってつついたり、足で踏んだり、不思議そうにしていました、もう、全然泣いていません!

川から帰り、お弁当を食べているとトマト組(2才さん)のHちゃんが、『見て〜〜〜あけるよ〜』と得意そうにデザートのお弁当のフタを開けていました、なかなか開かないフタは勢い余って突然パアーンと開いて、リンゴがバラバラっと出てきてしまいました、リンゴは泥だらけ、、、
私)『あ〜どうしよう、、、、』とHちゃんと拾っていると
5才になったばかりのMMちゃん『どうしたんですか〜なにかありましたか〜?』
どこで見ていたのかサ〜っと現れ、Hちゃんの泥だらけのリンゴを洗ってくれました
その現れ方がなんだか、ビックリで、、、
音もたてずに、、、気配も無く、、、「現れた」と言う表現がピッタリだと私は思いました
まるで、神様のように現れたのです、神様が現れた時を私は見た事ありません、でも、きっとMMちゃんが現れたように、こんなふうに神様はやって来て下さるような気がしました、
いつも、何処かで必ず見ていて下さってるような気がしました。
森の神様、川の神様、今年もどうぞ見守っていて下さい
宜しくお願いします。
タカダ
[PR]
# by mugihause | 2011-01-13 19:14 | ピッコロスタッフ日誌