山梨県北杜市の森のようちえんピッコロ スタッフと保護者のブログ


by 森のようちえんピッコロ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

縦割り保育の良さ

ピッコロ感謝祭にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!


a0192628_16322301.jpg


久しぶりに保護者からの投稿です。




ピッコロは年長さん、年中さん、年少さんが一緒に活動する、いわゆる縦割り保育。


うちからは年長のお兄ちゃんと年少の妹が通っています。兄妹で同じ時間を過ごしています。



ある日のできごと。

ピッコロっ子たちが川から帰ってきて、ビニールハウスで着替えてそろそろお弁当の時間・・


私は室内で作業をしていましたが、外から年少の妹の泣き声が。

どうしたかな。


窓ごしに見ると、ビニールハウスの入り口で立って泣いている。

他のみんなはすでに輪になってお弁当を広げ始めている。


えーんえーんと泣き続けていると、年長の実のお兄ちゃんがやってきた。

遠いので会話は聞こえないけど、どうしたのか聞いている様子・・


話を一通り聞いたところで、なんとお兄ちゃんは妹をおんぶして、みんなの輪の中まで連れていったのです。


いつも家ではケンカばっかりしていたり、おにいちゃんはわざとイジワルしたり、妹も意固地でお兄ちゃんを困らせているので、なんだかびっくり。

不思議とこの群れの中ではお互いに素直です。



あとで聞いたところ、長靴の中が濡れていて、履くのが嫌で泣いていたようです。

他にもこんな話がありましたね。

濡れた長靴


長靴が濡れて嫌だった経験があるから、共感してあげられる。

そして共感してもらった子は今度は他の子に共感してあげられるようになる。


こんなサイクルが、子どもたちの間で日々起こっている気がします。

お兄ちゃんも、年少年中と当時のお兄ちゃんお姉ちゃんをたくさん困らせたけど、たくさん優しくしてもらって、今こうして優しくするほうの立場になれたんだなあと思います。


「おれ、おばけ(年少組おばけ組のこと)担当だから、たいへん。」


とたまに言っているお兄ちゃん。

そういえば、直接的ではないけどよく見てくれているなあと思うことが多いです。



でも、大人にいい子に見られようとしてるとかないんです。本当に。

見ていた大人はもちろん「すごいね~、連れてきてくれたの!」と声かけをしますが、それを期待しているわけではない、けど大人がちゃんと見ていて認めてあげることはとても大事だなと思います。


3年めのお兄ちゃん、優しさと自己肯定感がちゃんと内面に育っているなあと実感します。



こんなふうに育っていく子どもたちの姿、保育の立ち位置、興味のある方はぜひ視察にお越しくださいね。

11月には年に一回の土曜視察日もあります。


保育視察 | 森のようちえんピッコロ


保護者hh



[PR]
# by mugihause | 2018-10-26 16:47 | ピッコロ保護者日誌
本日、2019年度入園説明会を開催いたしました。

16組の親子の方に参加して頂き、ありがとうございました!
東京、神奈川、甲府方面、遠方の方も多く、またお父様お一人、お母様だけで小さなお子様2人を
連れて、、、などなど、それぞれにご事情のある中で多くのご家族が熱意を持ってご参加くださった
様子が伺えて、準備など入園係りだけでなく、先生・スタッフ・在園みんなで頑張りましたが、その
甲斐があったなあと、今は無事に終了したことに安堵しています。

毎年変わる保護者で取り仕切る素人仕事ですので色々不備もありますが、大切なところ、きちんと
お伝えできたでしょうか。
先生の言葉を一生懸命にメモを取っておられる方、時に涙される方、、、皆様熱心にお聞きくださっ
ていました。
今回は保護者の声を多く聞いて頂こうという新たなチャレンジもあり、言葉で伝える難しさも同時に
ひしひしと感じています。

お聞き苦しい点もあったかと思いますが、終了後に立ち話しで色んな感想を頂き、改めて入園係りと
してだけでなく、一人の母親として、全ての子供たちのためにできることをこれからも一つずつやって
いこうという気持ちになりました。

また、新たに作られた小屋での開催は初めて。
小屋プロジェクトによる皆さんの援助によってこのように多くの親子の方をお迎えすることができて
改めてしみじみとありがたいなあと感じていました。
全てが寄付で出来ている小屋。
たくさんの子供たちが入って来てくれることを小屋も心待ちにしているように思います!

今後も見学日を追加設定しています。
入園をご検討の方は少しでも早く、お問い合わせくださいね。
※お問い合わせ先はHPをご覧ください


a0192628_17303217.jpg
「これからはじまるよ~」ドキドキ準備の様子




[PR]
# by mugihause | 2018-10-10 17:56 | 入園チーム
8/28ピッコロクラブを開催しました。
お話先生に手遊びやパネルシアターをして頂きました。
末の2歳の娘と参加しました。
a0192628_16300442.jpg
翌日、うれしそうに「おおきなたいこドーンドーン」(前日手遊びでやって頂いた歌)と私をたたいて歌っていました。
普段私は「やらなきゃいけないこと」に追われていて、時には邪魔に感じたりして、申し訳なかったなと改めて思いました。
農家なので、夏は忙しいのですが、これは本当に「やらなきゃいけないこと」なのか?未来の子どもの幸せのために、今いる子どもとの時間が犠牲になっている?この仕事は、本当は子どもの為じゃなくて、自分の為にしてるんじゃないか?もやもやしていました。

上の子二人はピッコロを卒園しました。
ピッコロの保育のテーマ「子どもを信じて待つ保育」。覚悟を持ってそれを実践する先生たち、向き合うお母さんたちと過ごした6年間は、かけがえのない時間でした。
「自分はここにいていい」。信じる力、へこたれない根っこが、初めて出た社会で人の指示ではなく、自分の心と向き合って自分で決めつづける3年間を経て、子どもたちの中で太くなっていきました。
「信じる」は、子どもだけを信じるっていうのはできないのかもしれない(子どもを、社会を、夫を、自分を本当の意味で私は信じているか?)、と最近思います。
それをさせてくれるために助っ人として子どもたちが私の人生に登場して来てくれたのでしょうか。

★次回のピッコロクラブは、9月25日(火)お天気が心配ですが、自然舎で開催の予定です。午後はピッコロで子育てカフェ(テーマを決めてピッコロの先生と保護者が、保育でのエピソードから語り合い、こども理解を深めるための濃い座談会)もあります。今回のテーマは『待つこと、待たないこと』です。
★10月7日(日)ピッコロの映画の上映会(中島先生の講演)&コンサート
★10月10日(水)入園説明会
★10月20日(土)感謝祭
もあります。(詳細ホームページご参照)機会がありましたら是非お越し下さい!!

ピッコロクラブ担当小黒

[PR]
# by mugihause | 2018-09-20 16:32
8/28ピッコロクラブを開催しました。
お話先生に手遊びやパネルシアターをして頂きました。
末の2歳の娘と参加しました。
a0192628_16300442.jpg
翌日、うれしそうに「おおきなたいこドーンドーン」(前日手遊びでやって頂いた歌)と私をたたいて歌っていました。
普段私は「やらなきゃいけないこと」に追われていて、時には邪魔に感じたりして、申し訳なかったなと改めて思いました。
農家なので、夏は忙しいのですが、これは本当に「やらなきゃいけないこと」なのか?未来の子どもの幸せのために、今いる子どもとの時間が犠牲になっている?この仕事は、本当は子どもの為じゃなくて、自分の為にしてるんじゃないか?もやもやしていました。

上の子二人はピッコロを卒園しました。
ピッコロの保育のテーマ「子どもを信じて待つ保育」。覚悟を持ってそれを実践する先生たち、向き合うお母さんたちと過ごした6年間は、かけがえのない時間でした。
「自分はここにいていい」。信じる力、へこたれない根っこが、初めて出た社会で人の指示ではなく、自分の心と向き合って自分で決めつづける3年間を経て、子どもたちの中で太くなっていきました。
「信じる」は、子どもだけを信じるっていうのはできないのかもしれない(子どもを、社会を、夫を、自分を本当の意味で私は信じているか?)、と最近思います。
それをさせてくれるために助っ人として子どもたちが私の人生に登場して来てくれたのでしょうか。

★次回のピッコロクラブは、9月25日(火)お天気が心配ですが、自然舎で開催の予定です。午後はピッコロで子育てカフェ(テーマを決めてピッコロの先生と保護者が、保育でのエピソードから語り合い、こども理解を深めるための濃い座談会)もあります。今回のテーマは『待つこと、待たないこと』です。
★10月7日(日)ピッコロの映画の上映会(中島先生の講演)&コンサート
★10月10日(水)入園説明会
★10月20日(土)感謝祭
もあります。(詳細ホームページご参照)機会がありましたら是非お越し下さい!!

ピッコロクラブ担当小黒

[PR]
# by mugihause | 2018-09-20 16:32

バケツがないときは

ピッコロで火をおこしている時
あっ!水がない!と気づき
あわててバケツを探しに行く子どもたち

穴の空いていないバケツが2個しかない(他は穴空き、涙)

とりあえず2個のバケツに水を入れた


他にはないかと探していていると、
おーちゃん:もう水いらないよ~~

水は十分だよ~と判断したおーちゃん(年長)

それを聞いたたおくん(年中)は、

あーちゃん(年中)とおままごとの道具が置いてある所へ行ってしまった


普通に見ると

あ~~、水は十分だし、遊びに行ったのね~と見える

でもでも、、、ここをよーく、よーーーく見ていると、、、


おままごとの鍋を持って

中に入っている泥を手ですくい出している

たくさん入っている泥を

どんどん出すたおくん、あーちゃん

泥を出し終えた鍋を持って水道の所へ行く2人

鍋は遊ぶために持ってきたのね

と、見える

でも、、、、、


水を入れた鍋を、防火用のバケツの横に置く

間違いない!

水の入れ物がないのでおままごとの鍋を探し出し

水を入れてなんとかした

何も無いときは、、、、を考えた!!!


これで終わりかと思っていると

まだ2人は探していた

誰かが遊んでいたドロドロ~にぬかるんでいる泥の中から

バケツを見つけ出し

またまた水道に持っていく

もう、ドロッドロのバケツ

水を入れる

ドロドロの水を流す


すると、2人はすぐにシンク下にある排水溝から用水路に出てくる所を

見ている

出てくる水がおもしろいのだろう

と、見える


バケツの水をためる

水がたまると流す

水が出てくる所を見ている

また、バケツの水をためる

また、水がたまると流す

また、水が出てくる所を見ている

を、繰り返している

その回数15回!

2人は行ったり来たりしている

(流し台から用水路に出てくる所まで5メートルぐらいある)



排水溝から水が出てくる所を見る場面はわりとある

でも、、、このタイミングで???

ん~~~???

バケツの中の水がきれいになったのを確認して

防火用のバケツの横に置く


どうして何度も用水路を見に行ったのか??気になる

そういうときは子どもに話を聞いてみる

私:どうして何回も見に行っていたの?

あーちゃん:ちゃんと流れているかな~って

たおくん:詰まっちゃうか見ていた

遊んでいるわけではなかった

泥水を流してちゃんと流れているか、

詰まっていないかなと見ていた

だから何度も何度も見ていた

大人の指示なし(全くなし)で子どもが自分で思い行動していた



もう1つ、どう思っていたか気になったので聞いてみる

私:おーちゃんが「もう水いらないよ~」と言っていてどう思ったの?

あーちゃん:バケツ2個じゃ足りないの解っていないな~と思った

自分より年上で色々できるし、かっこいいも憧れもある

そのおーちゃんが言っていることに負けない強さを持っていた

自分はそう思った

自分の考えで動いた


大人はじーーーーーーーっっと見ている時間が苦手だ

何か言いたくなってしまう

それが子どものためだと思っている

でもでも、日常の生活の中で

子どもは色々考えてやっている!

と思える日から子どもをみる角度が変わる

保育スタッフ まなみ

a0192628_23124276.jpg
a0192628_23122979.jpg



[PR]
# by mugihause | 2018-09-18 23:24 | ピッコロスタッフ日誌