山梨県北杜市の森のようちえんピッコロ スタッフと保護者のブログ


by 森のようちえんピッコロ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バケツがないときは

ピッコロで火をおこしている時
あっ!水がない!と気づき
あわててバケツを探しに行く子どもたち

穴の空いていないバケツが2個しかない(他は穴空き、涙)

とりあえず2個のバケツに水を入れた


他にはないかと探していていると、
おーちゃん:もう水いらないよ~~

水は十分だよ~と判断したおーちゃん(年長)

それを聞いたたおくん(年中)は、

あーちゃん(年中)とおままごとの道具が置いてある所へ行ってしまった


普通に見ると

あ~~、水は十分だし、遊びに行ったのね~と見える

でもでも、、、ここをよーく、よーーーく見ていると、、、


おままごとの鍋を持って

中に入っている泥を手ですくい出している

たくさん入っている泥を

どんどん出すたおくん、あーちゃん

泥を出し終えた鍋を持って水道の所へ行く2人

鍋は遊ぶために持ってきたのね

と、見える

でも、、、、、


水を入れた鍋を、防火用のバケツの横に置く

間違いない!

水の入れ物がないのでおままごとの鍋を探し出し

水を入れてなんとかした

何も無いときは、、、、を考えた!!!


これで終わりかと思っていると

まだ2人は探していた

誰かが遊んでいたドロドロ~にぬかるんでいる泥の中から

バケツを見つけ出し

またまた水道に持っていく

もう、ドロッドロのバケツ

水を入れる

ドロドロの水を流す


すると、2人はすぐにシンク下にある排水溝から用水路に出てくる所を

見ている

出てくる水がおもしろいのだろう

と、見える


バケツの水をためる

水がたまると流す

水が出てくる所を見ている

また、バケツの水をためる

また、水がたまると流す

また、水が出てくる所を見ている

を、繰り返している

その回数15回!

2人は行ったり来たりしている

(流し台から用水路に出てくる所まで5メートルぐらいある)



排水溝から水が出てくる所を見る場面はわりとある

でも、、、このタイミングで???

ん~~~???

バケツの中の水がきれいになったのを確認して

防火用のバケツの横に置く


どうして何度も用水路を見に行ったのか??気になる

そういうときは子どもに話を聞いてみる

私:どうして何回も見に行っていたの?

あーちゃん:ちゃんと流れているかな~って

たおくん:詰まっちゃうか見ていた

遊んでいるわけではなかった

泥水を流してちゃんと流れているか、

詰まっていないかなと見ていた

だから何度も何度も見ていた

大人の指示なし(全くなし)で子どもが自分で思い行動していた



もう1つ、どう思っていたか気になったので聞いてみる

私:おーちゃんが「もう水いらないよ~」と言っていてどう思ったの?

あーちゃん:バケツ2個じゃ足りないの解っていないな~と思った

自分より年上で色々できるし、かっこいいも憧れもある

そのおーちゃんが言っていることに負けない強さを持っていた

自分はそう思った

自分の考えで動いた


大人はじーーーーーーーっっと見ている時間が苦手だ

何か言いたくなってしまう

それが子どものためだと思っている

でもでも、日常の生活の中で

子どもは色々考えてやっている!

と思える日から子どもをみる角度が変わる

保育スタッフ まなみ

a0192628_23124276.jpg
a0192628_23122979.jpg



[PR]
by mugihause | 2018-09-18 23:24 | ピッコロスタッフ日誌