山梨県北杜市の森のようちえんピッコロ スタッフと保護者のブログ


by 森のようちえんピッコロ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年 05月 29日 ( 2 )

ぼうし【1日目】

年少組のたいちゃん、帽子を上に投げていた
ロフトの上に乗る帽子

帽子を取ってあげようとする年長組さん
まず思いついたのが「ほうき」
長い柄のついたほうきを持ってくる

帽子を取ろうとほうきを動かす2人

なかなか取れない
ふと、後ろの壁にもたれかかっている

年長組のそうちゃんが目に入った
もたれかかるほど疲れちゃったのかなと見ていると
そうちゃん:もっと右だよ~。あ~いきすぎだよ~!
と言っている声が聞こえる
真下ではなく帽子が見えるところに移動して見ていた
ほうきでやっている人がわかるように全体を見ていた
子どもがどうしてそこにいるのか?
何かしているのかも?という目線
(初めはわからなかったな~もしかして、、、という目線)

帽子を取っている間
さきちゃん:きょうりゅうきたらいいのに
うさぎになってぴょんってとべばいいのにね~
みーぼ:かいだんつくればいい~
さきちゃん:いいことかんがえた!(めちゃくちゃいい顔)
のぼる!!

年少組さん同士、こんな会話をしている

人ごとにしていない、自分で色々考える子に育っている

年長組さんがやってくれているがなかなか取れない
せいや:がんばーれ!がんばーれ!と手をたたく
みんなも声を出す
がんばーれ、がんばーれ!
声がひびく

おーちゃん:たいちゃん、取れないと思うけどごめんね

と言いながらほうきで取ろうとする、おーちゃん

その横で、一生懸命ほうきの先を折り曲げているよっちゃん

ほうきの先を曲げて(熊手のような感じ)

帽子を下に落としやすくするためほうきの先を曲げる

そのほかにも、木の板を持ってきて下に置き、自分の背を高くする作戦

自分の背が高くなれば現場に近くなる→取りやすくなる、と考える

おーちゃん:いいこと考えた!もう1人の人とはさむ!といい

自分は右側に行き、もう1人ほうきを持っているよっちゃんが左側。

両側から中心に向かう作戦など

色々試してみたが、この日帽子は取れなかった

→【2日目】に続く

保育スタッフ まなみ

a0192628_23142031.jpg


[PR]
by mugihause | 2018-05-29 23:24 | ピッコロスタッフ日誌

今日は子育てカフェ

今日は子育てカフェ。
月に一度の、保護者が集まって子どものことや子育てのことをみんなで語り合う日です。

a0192628_20554755.jpg


毎回お題があるのですが、今回は「子どもを尊重するとは」です。
最初、「『子どもを信じるとは』でいきましょう」という意見が出ましたが、
少し大きすぎるテーマだったので少し具体的に「子どもを尊重するとは」になりました。

「尊重する」と「子どもの言いなりになる」の境目って?
こういう場合は尊重だけど、これは言いなりだよね・・

いつも思うのですが、ここまで子どもや子育てについて深く語り合っている場って
他にはないかも・・。日本一、いや世界一語り合っているかも??なんて。


残念ながら子育てカフェの内容を文章にするのは難しいです。すみません・・

最終的に、あれ?実は尊重されているのって子どもじゃなくて大人のほうだった!?
なんてオチにたどり着いたり。

一人でうーんと考えて考えて考えたのに、この場で話をしていたら色々見えてきた!
なんて意見も。


私はピッコロに入園する前、
「きっとピッコロのお母さんたちって立派なお母さんたちばっかりなんだろう・・・」
と勝手にイメージしていました。

でもこうやって話すと、みんなそれぞれに悩んだり、壁にぶつかったり、
途方に暮れたりしているんだということに気づきます。
そうか、私だけじゃない、みんなも同じなんだ、となんだか心強く思うのです。

                             保護者hh

[PR]
by mugihause | 2018-05-29 21:03 | ピッコロ保護者日誌