山梨県北杜市の森のようちえんピッコロ スタッフと保護者のブログ


by 森のようちえんピッコロ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オフの一コマ

ある休日、先生のご主人がお勤めをしているキャンプ場でのことです。
その日わたしは、キャンプ場で、副業(?)のパンやをやっていました。
ピッコロのあやかちゃんは、ご家族でキャンプに来ていました。
お店の合間に、あやかちゃんとキャンプ場内を歩いていると・・・
あやかちゃん、遠くを見つめ、
  『あっ ランドセル。 首しまるかも・・・』
その目線の先には、リュックを背負いながらターザンブランコに乗っている子供の姿がありました。
そう、ランドセルとはリュックのこと。
ピッコロでは、万が一のことを考え、遊具で遊ぶときには、リュックを背負ったまま、水筒を首にかけたままでは遊ばないことになっています。
このとき思いました。
『あやかちゃんはピッコロじゃなくても、どこにいても、ピッコロのまんまなんだーー!』
大人はよく仕事モードとか、お休みモードとかって言いますよね。
あやかちゃんにはピッコロモードなんてないんです。
普段の生活そのものが、ピッコロモード全開なんです!!!
それってスゴイことだ!とわたしは思いました。

そして、このことを話した時の、くみこ先生とスタッフのまなみちゃんの反応がまたスゴイ!
わたしは2人別々に、この出来事をはなしました。
でもなんと、2人とも同じ言葉をわたしにかえしてきたんですよ。
その言葉とは・・・  『どこでも生きていけるね!』
お二人の保育するスタンス、いくつかあるとは思いますが、お二人とも、
『どこでも生きていけるように』そんなふうに頭に思い描いて、日々保育されているんだなぁと感じました。
それってスゴイ!ですよね。あっぱれ、感動です。

(まだまだしんまいスタッフのますみでした。。)
[PR]
by mugihause | 2011-06-21 02:14 | ピッコロスタッフ日誌

たけし

ある朝、ピッコロに行くと、たけし(うさぎ)の小屋がひっくり返っていた
ゴミが荒らされていた
袋が入った袋も下に落ちていた
何かが侵入?なんだろう?
みんなで考えた

まず「熊かな?」「サルかな?」
「サルはえんとつから入れるから」、「でもえんとつから家の中はつながっていないし」、「ストーブでもえるよ」とサル説

次は「地震かも」、「きっとそうだ!」
「でも他はぐちゃぐちゃになっていない~」
子ども達周りをよく見ている
地震説

すると、「えさの袋を見たら爪でぎゅっとなっていた」(うさぎのご飯の入った袋がひっかかれて穴が開いていた)
「もしかしたら、たけしがやった?」
「でもどうやってかごからでたの?」
「自分でかごを倒して」
(じ、自分で???)
「そしてすきまから手をだした」
「どうしてかな?」と先生
「助けてほしかった」
「さっき掃除したときは普通の顔していた」
たけしの顔を見たんだ~それもすごい!!
「でも夜は助けてーってガリッと(袋を)やったんじゃない」
「どうしてだろう?」と先生
「誰もいないから」
「えさもなかったから」
「ひっくり返って食べられなかった」
「かごはひっくり返っていたけど、えさは少し残っていた」
「でもひっくり返って高い所になっていたから届かなかった」
などなど・・・
要するに
たけしが自分でかごを倒し、えさが欲しくてかごのすきまからそーっと手を出して
横においてあったえさの袋をやぶってまたそーっと戻った
ということ・・・
想像するとすごくおもしろい~!!!

「うさぎはかごを倒すことができないよ」と大人が言ってしまえばそこで話はおしまい
先回りして大人がやってしまうこと、言ってしまうこと
たくさ~んあると思うけど
時間のある限り、ゆっくり待ってみる、聞いてみると
子どもの育ちが見えてくるのかな~と思う

こんなにも話が続き、人の話を聞ける子ども達
朝の会、帰りの会で毎回すごい話!!が繰り広げられる

スタッフ まなみ
[PR]
by mugihause | 2011-06-19 06:53 | ピッコロスタッフ日誌

バス遠足

今度バス遠足にいくことで、ピッコロの子ども達は毎日盛り上がっている
まず、好きなバスを聞くと「大型バス」「ようちえんバス」「ほいくえんバス」
「かいぞく毒バス」(?)「アンパンマンバス」「仮面ライダーバス」
どんなバスなのかみんなでわくわくしている

またある日は、机を長~く並べてみてはバスだ~とうれしそう
椅子に座るときには、(いつもはまるになって朝の会をしている)細長いまるになってはバスだ~と
バスに乗っている所を想像する
ものすご~く楽しみにしているのがわかる

違う日には、「バスに乗ってどこに行きたいかな?」の質問には
「動物園」、「遊園地」、「おばけやしき」(限定?)と出る
ここまではありそうな話、、、
なんと「1人旅」(!!!)
という
みんなで行くのに一人旅(笑)
すると何人かが「一緒に1人旅しよう」と、うれしそう~に誘い合っている
意味がわからなくてもなんだか楽しい~ものすごく盛り上がっていた
すると、「1人旅なんだから別々に行くんでしょ~」わかっている子もいる
盛り上がっていた他の子はわかっていたのか、わからなかったのか?

そして「動物園のおじさんからピッコロのみんな来てくださいって電話が来たよ~」
と先生
ここでは大人が決めた!という決まりはほとんどない
子ども達には、どうせ大人が決めるんだからと思ってもらいたくないのでこんな言い方に
「やったー動物園ー!」と喜ぶ子ども達

その次に、持って行くものを言っていく
お弁当や水筒、いつもの持ち物を確認する
「そして、なんとこの日は特別におやつを、、、、、、2個持っていい」
「お昼食べたあとに1個、帰りのバスの中で1個」と言うと
「やった~!やった~!」「ほんとうに~!!」と
立ち上がる!回る!ものすご~く喜んでいる!!
動物園に行くってわかったときより喜んだのは、なんと、おやつだった!!

ある子は家のカレンダーの遠足に出かける日に「おやつ2個」と書いている
動物園じゃないんだ~(笑)
いったい誰でしょうか~?

スタッフ まなみ
[PR]
by mugihause | 2011-06-05 01:13 | ピッコロスタッフ日誌